無料カウンター  
外来のご案内 入院のご案内 リハビリテーション 各部門のご紹介 施設データなど


























2016/11/25
入退院マネジメント講演会(11月24日開催)は盛況にて終了致しました。
沢山のご参加ありがとうございました。講演会の様子はこちらから



2016/11/08

第41回 日本脳神経財団主催 医療講演会”脳を守ろう 鹿児島”(11月5日開催)は盛況にて終了致しました。沢山のご参加ありがとうございました。

2016/11/04

平成28年12月9日に南九州 r-TMS研究会 第1回講演会(磁気刺激の基礎と治療応用)を開催致します。詳細はこちらから

2016/10/26

PFM(Patient Flow Management)の手法を用いた入退院マネジメント講演会を開催致します。詳細はこちらから


2016/10/15

日経Goodayにおいて、当院でも取り組んでおります「脳卒中後遺症に対するTMS治療(経頭蓋磁気刺激法)」が紹介されました。こちらからご覧になれます。


2016/10/04

第41回 日本脳神経財団主催 医療講演会”脳を守ろう 鹿児島”(11月5日開催)のプログラムを掲載しました 

2015/02/15

Dr.ブレイン〜教えて脳卒中〜
という30分のTV番組が2月28日(日)16:30〜MBCテレビで放送されます。
当医療法人の脳卒中急性期治療や回復期リハビリテーション、脳卒中後遺症に対する最新のTMS治療の紹介です。東京慈恵会医科大学リハビリテーション講座 安保教授の説明もございます。どうぞ、ごらんください。 

2015/12/10
東日本大震災復興支援チャリティーイベント
「震災体験と音楽による復興支援の試み」のご案内
12月23日 介護老人保健施設 鴨池慈風苑 厚地リハビリテーション病院に変更
12月24日 厚地脳神経外科病院

                        ポスターもご覧下さい(PDF)→
 
2015/11/19
第5回 南九州ADL評価法FIM講習会 初心者コース(公式)の開催が決定しました。

日時:平成28年2月20日(土曜) 
受付:12:00〜
講習会:13:00〜17:00
会場:鹿児島大学医学部 鶴陵会館
詳細はこちら
         ポスターもご覧下さい(PDF)→ 



 

2015/04/03 
脳卒中後遺症に対するTMS(経頭蓋磁気刺激)治療について


2014/09/04 
「各部門のご紹介」「施設データ」の更新を行いました

2014/08/27 
「リハビリテーション」「各部門のご紹介」の更新を行いました

2014/06/30 
ホームページをリニューアルしました 
Honda Robotics製 歩行アシストを歩行リハビリテーションに取り組む病院としてモニター使用を開始しました。
詳しくはこちら

ごあいさつ

 当院は平成10年6月に病院名を前鴨池病院から現在の厚地リハビリテーション病院に変更しております。
リハビリテーションに関しては今ほどリハビリテーションが脚光を浴びていなかった平成6年4月より脳卒中後の患者様に対するリハビリテーションを開始しております。
現在は病棟の57床すべてを回復期病棟として運用し、主に脳卒中急性期治療を終えた患者様の亜急性期のリハビリテーションを行い、症状を軽減し患者様が患者様が自立できるように努めていますが、昨年からはリハビリテーションにも日数制限が加えられ、短い期間により質の高いリハビリテーションを行うことが求められております。
 当院でリハビリテーションを行われた患者様およびご家族、また当院にご紹介いただいた病院、施設の皆様に満足していただけますように今後もスタッフ一同取り組んで参ります。
 
厚地リハビリテーション病院について

回復期リハビリテーションの対象となる疾患

開設年月  平成5年10月 医療法人慈風会 鴨池病院として開設
 平成12年1月 医療法人慈風会 厚地リハビリテーション病院と名称変更
所在地  〒890-0068 鹿児島市東郡元町11-6      
連絡先  電話:099-252-5525 FAX:099-285-1936
開設者  厚地 正道 
管理者  轟木 耕司
診療科  脳神経外科 神経内科 内科 リハビリテーション科
許可病床数  回復期病床 50床
医療設備  MRI装置、CT装置、リハビリテーションに関わる器具装置等
施設基準 ・回復期リハビリテーション病棟入院料(II)
・脳血管疾患等リハビリテーション料(T)
・運動器リハビリテーション料(T)
・集団コミュニケーション療法料
・診療録管理体制加算

・入院時食事療法(T)
・神経学的検査
・地域連携診療計画 退院指導料(T)
・ニコチン依存管理料
  
 常勤医師一覧                                           2015年4月
医師名 診療科 役職 専門分野および担当 学会認定等
轟木 耕司 脳神経外科  病院長 脳神経外科全般
リハビリテーション
日本脳神経外科学会認定専門医
山中 英賢 神経内科 神経内科全般
リハビリテーション
日本内科学会認定医
日本神経学会認定専門医
山中 弘子 神経内科 神経内科全般
リハビリテーション
日本内科学会認定医
日本神経学会認定専門医
 
回復期リハビリテーションについて
 脳血管障害など急性期で治療を受け、病状が安定し発症から1〜2ヶ月以降の状態を回復期といいます。 この回復期といわれる時期に集中的なリハビリテーションを実施し、低下した能力を再獲得させ、傷病によって心身機能に障害をもった方々が、再び家庭や社会で生活できることを目指します。手足の動きなどの機能回復を目指す治療訓練だけでなく、義肢・装具、補助具の処方と装着法の指導、日常生活動作(ADL)自立のための指導訓練、在宅復帰・社会復帰のための社会資源活用へのサポートや心理的援助などの総合的なアプローチを行っています。チーム医療としてリハビリテーションプログラムを医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ケアワーカー等がその専門的知識や技術・経験を活かして共同で作成します。

 当院は、施設基準として、脳血管疾患等リハビリテーション(T)と運動器リハビリテーション(T)を取得しております。ほぼ365日、患者様の在宅復帰に向け、1日1人当たり2時間〜3時間のリハビリテーションを提供いたします。各専門職員がチームを組んでご自宅へ帰るためのお手伝いを致します。当院の入院患者様の多くは、脳血管障害等ですが在宅復帰率は60%(平成24年度)となっています。
 「できるADL」から「しているADL」「するADL」へ

 
 
回復期リハビリテーションの対象となる疾患 
 対象疾患 発症から入院 
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、多発性硬化症などの障害  2カ月以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節、又は二肢以上の多発骨折の発症後、又は手術後の状態  2カ月以内
外科手術または、肺炎後の治療時の安静により、廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態  2カ月以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靭帯損傷後の状態  1カ月以内
 
アクセス・駐車場のご案内 
乗用車 市街地方面より 国道225より、サンライトボールを左折、産業道路合同庁舎を左折
指宿・谷山方面より 国道225、産業道路ともに垂水フェリー方面へ右折、ダイハツを左折
公共交通機関 市電 涙橋・南鹿児島より、徒歩10分程
JR 南鹿児島駅より、徒歩8分程
バス 郡元・南小前停留所…徒歩8分程
駐車場 病院敷地内に11台、病院隣に26台駐車可能


大きな地図で見る
 
当院の理念

ひとり一人の命を大切に、愛情・情熱・熱意を持って臨み、信頼される良質な医療を目指します。

基本方針
  • 脳神経疾患のリハビリテーション病院として、疾病管理から亜急性期リハビリテーション、家庭復帰、在宅支援まで一貫したサービスの提供に努めます。
  • 患者様の視点を大切に優しさを持って接し、その信頼を得るように努めます。
  • 各職員はその職務の研鑽に励み、技術の修練に努めます。
  • 患者様のためにを合い言葉により質の高いチーム医療を発揮する職場環境を作ります。

病院の役割

主に脳神経疾患の急性期治療を引き継ぐ回復期リハビリテーション専門病院として機能しています。在宅、地域に向けては訪問介護、訪問リハビリテーションの事業のほか、併設して介護老人保健施設、居宅支援事業所、訪問介護ステーション、健康増進センター等を備え、予防から在宅まで一貫・充実したサービスを提供します。

患者様の権利
  • 患者様の尊厳は総ての医療行為の中で尊重されます。
  • 患者様は十分な説明を受けて安心かつ効果的な治療を選ぶ権利があります。
  • 患者様は自分の診療記録の開示を求める権利があります。
  • 患者様のプライバシー・個人情報は保護されます。

個人情報の管理について

個人情報保護方針は、患者様が安心して医療サービスをご利用いただくために当院における個人情報取扱に関する宣言です。
当院を受診される前に本方針をお読みになり、内容に同意された上で医療サービスをお受けいただきますようお願いいたします。
特にお申し出がない場合は、同意をいただけたものと致しますことあらかじめ御了承下さいますようお願い致します。

個人情報保護指針
  • 患者さま個人が自らの権利と責任において、最適な診療を得られるよう本人の意志を尊重致します。
  • 個人情報に関する法令、内部規定の遵守に努めます。
  • 個人情報の「収集」「利用」「提供」において、公正な規定に従い適切な運用をおこないます。
  • 当院の保有する個人情報への不正アクセスや個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えいの予防措置を講じます。
    個人情報保護措置の運用について定期的な内部監査を実施します。

PAGE TOP